給料をもらうようになった時の喜びは、素晴らしいものです。
思わずこれまでにない収入を得たことでいろいろ買い物をしたり、旅行をしたりしたくなる人もいると思いますが、将来のことを考えるとやっぱり地道な貯金も必要です。なので貯金をするために、給料の使い道にどんな項目があるのかを仕分けすることから始めてみましょう。
まず1人暮らしをするならば家賃、電気代、水道代、ガス代は必須の使い道になります。また電話やスマホ代、インターネット代も殆どの人はかかることでしょう。税金に関しては、給与所得者なら給料から天引きなので自営業の人以外はそれほど気にする必要はありません。明細から金額を確認しておきましょう。
また、生命保険や健康保険も人によっては早くから入る人もいることでしょう。そして食費も当然必須になります。その他シャンプーやトイレットペーパー等の日用品代も必ずかかります。ここまでは、確実に使い道の計算に入れておきましょう。
このあとは人により異なりますが、遊びや外出などの交際費、洋服や下着、靴、クリーニングなどの被服費、習い事などの学習費が挙げられます。また、交際費として冠婚葬祭にかかるお金も考えておきましょう。そして、もっとも重要な重要な貯金にあてる分です。こうすると家賃や光熱費、通信費、食費はだいたい毎月同額になりがちです。それに比べ、交際費や被服費が大幅に変動しやすいです。大体1年でどの程度使うか計画を立て、それを12で割るようにし、その余剰を貯金に当てていきましょう。